ガレット Galette

ヘルシーな料理で知られるフランス北西部の郷土料理ガレット。
特に、サンマロのガレットは生地の配合と高温で焼き上げるため、ヘルシーで、「パリッ、モチッ」と楽しい食感と伴に、そばの香ばしいかおりが広がるガレットに仕上げています。
人気はエビ・ホタテ・あさりなど魚介ソースで煮込んで包んだ「ガレットブルトンヌ」。
「トマトを閉じ込めたトマトとチーズのシンプルガレット」は具材がシンプルだからこそ、そば粉の香りが一段と際立つガレットです。
具材を包み込んだ当店自慢のガレットは、何が入っているかのサプライズ!!他のお店のガレットとは全く違う食感を味わえます!!

ボロネーゼのガレット

牛100%のひき肉を使いオリジナルブレンドの香草、玉ねぎ、セロリなどの野菜をふんだんに使い丁重に仕上たソースです。 ほうれん草、ジャガイモ、チーズをガレット生地で包み込みました。ガレットの上には目玉焼き!間違いのない美味しさです!!

¥1250

ブルトンヌのガレット

魚介をエビ、ホタテ、アサリ、野菜にジャガイモ、玉ねぎを使い当店自慢のホワイトソースでグラタン仕立てにしました。
魚介の旨みを閉じ込めた自慢のガレットです。

¥1480

粗挽きソーセージとほうれん草のガレット

Altbayern

フランスのプロバンス地方で使われる様々なハーブをブレンドした香辛料を入り厳選した粗挽きソーセージ、チーズ、ほうれん草、玉ねぎのシュエを焼き上げました。

¥1200

クレープ Crepes

日本人にお馴染みのクレープはガレットと同様、フランス北西部のブルターニュ地方が発祥の地です。
ブルターニュ地方は日照時間が少なく、風がる強く、雨が多い為に小麦の栽培ができない為、パンを作ることができず、そば粉を使ったガレットを「食事系」と「スイーツ系」に使い分けて食していました。
現在のクレープに変化したのは、ルイ13世の妻アンヌ王妃が王に伴ってたまたまブルターニュ地方へと訪れ、ガレットを口にしたことがきっかけです。
アンヌ王妃はガレットを宮廷料理へと取り入られ、従来のそば粉から小麦粉など材料が変化していき、生地を焼いた際に出来る模様から「クレープ」と名付けたのでした。

プレーンクレープ

Plain / Chocolate

お好きなソースをお選びください。

チョコレート、メープルシロップ、塩バターキャラメル、ハチミツ

TOPPING
*プレーンだけでなくすべてのクレープに追加できます。
天使の口どけCreamプラス 100円
Vanilla Ice プラス 150円

写真はプレーンにチョコ、天使の口どけクリームプラスです!
★スペシャルオーダーのクレープも受け付けます!(ソースのハーフアンドハーフなど!)

¥590

季節のクレープ

内容はオススメボードをご覧になるか、店内のスタッフにお聞きください。

¥1200

天使の口どけチョコレートとバナナクレープ

Chocolate & Banana

バナナ、チョコソース、天使の口どけ生クリーム

¥1000

天使の口どけオレンジのコンポートクレープ

Orange Compote

オレンジコンポート、天使の口どけ生クリーム

¥1000

天使の口どけホームメイドアップルのクレープ

自家製リンゴのコンフィチュールを使用したシンプルなクレープです。

¥1000